不眠症に効く漢方薬のメリットと副作用

4種類の症状

8.gif
不眠症というと、全然眠れない、一睡もできない、というイメージを持っている人がいますが、実は それだけが不眠症の症状というわけではないのです。


不眠症は大きく分けて、
入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害の4種類の症状
に分類されます。


入眠障害というのは、比較的不眠症のタイプで一番多いタイプと言われています。


通常布団に入ってから遅くても30分程度で眠りにつくものですが、毎日30分以上かかってもなかなか眠れないのです。


もなかなか寝つく事ができないのですが、一度眠りにつくことができれば朝目覚めるまで熟睡できるというタイプになります。


中途覚醒というのは、寝付く事は出来るが、すぐに目が覚めてしまい、起きるとなかなか眠れなくなってしまう、また何度も目が覚めてしまうタイプで、中高年に多くみられる症状です。


早朝覚醒は、眠る事は出来るのですが、朝早く目が覚めてしまい、そこから眠れなくなってしまうというタイプで、高齢者やうつ病患者などに多いとされる症状です。


熟眠障害というのは、一見中途覚醒と同じ扱いをされる事がありますが、詳しく分類すると、眠りが浅くすぐに目が覚めてしまうため、熟睡したという感じが得られず疲れが残ってしまうというタイプで高齢者や神経質な人に多い症状と言われています。


もちろん、これらの症状が重複して発症する人も多いのですが、自分がどのようなタイプであるのかを見極め、それに見合った対処法を見つけるといいでしょう。

ヒンヤリ安眠枕【六角脳枕】

Topics

不眠症というと、全然眠れない、一睡もできない、というイメージを持っている人がいますが、実は それだけが不眠症の症状というわけではないのです。 不眠症は大きく分けて、 入眠障害・…
キレイモの全身脱毛は効果がスゴイらしいと聞きました。全身脱毛は顔も込みというのがキレイモのお得なとこ・・・キレイモとエタラビ、全身脱毛はどっちがお得?

Copyright (C) 2011 不眠症に効く漢方薬のメリットと副作用. All Rights Reserved. [admin]